読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画食べ歩きブログ

映画好きの素人感想ブログです

『スーサイド・スクワッド』世界を救うっど

スーサイド・スクワッド』は単なるヒーローものだった!

  面白かった!しかし、悪人の悪っぷりを期待してたのでそこは期待外れだった。俺はDCに関してはティム・バートンの『バットマン』とノーラン三部作しか観てないのでキャラの設定や世界観は分からない。知ってる人なら「あんな悪が良いことしてる!」という感じに楽しめるのかもしれんが、この作品単体で言えば、アウトローなヒーローが世界を救うっていうよくある構図。だからまあ面白いんだよね。王道だし。

  しかし悪人の活躍を期待してたっていうのは悪人の邪悪さを見たかったわけさね。ヒースジョーカーとか『イングロリアス・バスターズ』のランダ大佐とかの非情さね。

映画は悪人をかっこいいと思わせてくれる少ない場だから、こういう非情で邪悪な人間の行為を観るのは楽しみなんだよな。

  今回の悪人たちは悪いことをほとんどしない。むしろ良い奴ら。まあ悪人たちの人間的な部分を描写したかったのかもねー。それはそれで良いんだけどね!

  どスケベビッチメンヘラヒロイン:ハーレイ・クインちゃん!

  公開前から散々広告塔にされてたハーレイ・クイン。こんだけ可愛けりゃそりゃマスコットにされるよねっつー感じだ。

だが、ジョーカーと二人で、悪人の邪悪さを楽しませてくれた唯一のキャラと言ってもいい。ウィルとか普通にヒーローだしね。ジョーカーとハーレイ・クインも純粋な悪の部分というよりはイカれた犯罪者の自由奔放さで魅せてくれたわけだが、悪人らしさを感じさせてくれたのは良かった。今回のこのカップルのイカれた映画を観たいから作って欲しいなぁ。

 

まとめると、期待してた内容ではなかったけど、面白かったしマーゴット・ロビーのケツだけで結果オーライですよってことで!

アメコミ知らん人も観ようか迷ってる人も是非!観てくれ~